QLOOKアクセス解析
イメージ画像

設定なんて恐くない

インターネットを使用するときには必要になるコンビネーションとして、回線使用料とプロバイダー料金があります。 あまりよく知らないと、「NTTから請求が来たのに、また他の会社から今月分のインターネット料金の請求がきた」、と戸惑ってしまうかもしれません。 しかし、それらはけっして二重請求ではありません。


そもそも、インターネットを使用するためにはそのどちらのサービス提供も受けるべきなのです。 インターネットを利用するためには回線が必要ですので、回線を使用するためにはそのサービスに対して代金を支払う必要があるのと同時に、インターネットに接続するためにはプロバイダー会社を経由しなければなりません。


ですから、インターネットの利用を検討する際には、この両方を検討する必要があるのです。 通常、新規でインターネットを自宅に開設する場合には、回線とプロバイダー契約を同時に行ないます。


しかし、時がたつにつれてそのどちらか、あるいは両方を乗り換えようという考えが浮かんでくるかもしれません。 いまは昔に比べるとプロバイダー乗り換え設定がかなり容易に行なえます。 ですから、必要なのは見直しをしっかりとおこなって、いまよりも満足度が向上することです。


ある場合にはADSL回線から光に乗り換えるついでにプロバイダーも乗り換えようと思うかもしれませんし、逆にプロバイダーの見直しを先に行なって、ついでに回線も見直すことにするかもしれません。


いずれにしても、ふさわしいタイミングで乗り換えて、プロバイダー乗り換え設定を行なうだけで、高額のキャッシュバックなどを手に入れることができてお得な思いをすることができるチャンスがあるのです。


フレッツ光を契約する場合には、プロバイダーパックが付いてきて、計算すると結構お得に利用できることがわかるかもしれません。 とくに、OCNはNTT関連のプロバイダーですから、そのセットが一番安心という方も多く、いまでも引き続き多くの人に支持されています。


しかし、近年新規参入業者も含めて、プロバイダー事業を行なっている会社がたくさんあります。 そのすべてに関して資料を請求して比較検討するのは大変なことですが、その中から特に人気を集めているものをピックアップして、どれが自分にとって向いているか考えることができるかもしれません。


最近ではいくつかの特徴を比較することのできるサイトなども登場していますので、それらを参考にしながら検討できるでしょう。 なお、プロバイダー乗り換え設定に関しても、動画による手順の説明なども活用することができますから、あまり詳しいことはわからないという方でもチャレンジできます。


このページの先頭へ