QLOOKアクセス解析
イメージ画像

意外な落とし穴を避ける

サービスの切り替えにはある程度の手間が必要なことは周知の事実です。 プロバイダー乗り換え設定など、プロバイダーを変更する際にもある程度の手間が必要になりますから、そのことを踏まえてプロバイダーの乗り換えを検討するといいでしょう。


最近ではやたらと見直しを進める声もありますが、現状に満足している場合や、結果がそれほど大きく変わらない場合には乗り換えることにそれほど大きな意味がないかもしれません。


ここではあえてプロバイダー乗り換えに関係した落とし穴を記載しますので、それを踏まえて乗り換えることに意義があると判断した場合には乗り換えましょう。


まず、現在のプロバイダーと契約したときの条件を覚えていますか?高額のキャッシュバックなどの特典に魅かれて契約した場合には要注意です。 そこには最低契約年数が設けられているかもしれず、多くの場合では2年間の使用を条件としているからです。


乗り換えることによって安くなるという宣伝に心が奪われて、安易にいまの契約を解除してしまうと、そこには思わぬ違約金が発生するかもしれませんから、まずは現在の契約についている条件を確認することにしましょう。


同じことは新しいプロバイダーを選ぶときにも当てはまります。 キャッシュバックなどの特典があっても、本当にそれだけの期間使用し続けるのでしょうか。 先のことをよく考えて行動するようにしましょう。 また、プロバイダーによって回線速度が異なることも念頭に入れなければなりません。


金額としては安くなっても、それ以上にサービスの質が落ちてしまうことがないようにしなければなりません。 とくに、いまのインターネット環境に大満足という方にとっては、プロバイダー乗り換え設定が終了していざ使ってみようと思ったら遅かったなどの不満を抱えるケースがあるようです。


工事に関しては、通信回線の業者を変更しない場合は必要ないのですが、プロバイダーと共に回線業者も乗り換えるような契約ですと、そこには最初にインターネットを自宅に開設したときに必要だった手間が再び必要となります。


意外と面倒なのが、プロバイダー乗り換え設定よりもいまの契約を解除する作業であるということも少なくありません。 手続きはウェブサイトから簡単に行なえたのに、解約となるとまず電話をしてから必要な書類を取り寄せて、郵送してはじめて解約できるという会社もあります。


あとは、開通日の関係でインターネットの使用ができなくなる期間がないようにしましょう。 このように、ただの手続き上の問題以上のことが関係してくるかもしれませんので、慎重に考慮してから決定しましょう。


このページの先頭へ