QLOOKアクセス解析
イメージ画像

何でも見直す時代にプロバイダーは見直さない?

よくわからないことが多いとしても、少しの工夫で毎月の通信費を安くすることができれば家計にとって大きな助けとなりますよね。 最近ではさまざまな分野で固定費の見直しが勧められています。


きっと自動車保険の見直しや生命保険の見直しについて検討しておられることでしょう。 あるいはすでに見直せるものはすべて見直したという方もおられるかもしれません。


しかし、見直しの作業というのは1度行なってしまえばそれで大丈夫ということではなく、定期的に行なうことによって最善の状態に保つことができ、しかく節約につながるのです。


同じことがインターネットに関係して必要になる契約に関しても言えます。 いまの光通信サービスに切り替えて、光ファイバーでインターネットを楽しむにあたって、回線を使用するための契約と、インターネットに接続するためのプロバイダー契約を行なったに違いありません。


もしかしたら契約したときには最適と思えたプランや会社でも、いまでは新規参入の業者やお得なプランが出現して、見直しを図ることによってよりお得に利用できるか、あるいはより快適に利用できるようになるかもしれません。


ところが、そのような分野での見直しになると躊躇してしまう方が多いのも事実です。 「プロバイダー乗換設定が必要になるから、少しのメリットのために大事になってしまう」と考えてしまいがちなのです。 たしかに光回線を利用するための業者の乗り換えは大事になるかもしれません。


レンタルしている機器をすべて返却することや、新たに回線を引き込むための工事が必要になることでしょう。 しかし、プロバイダー乗り換え設定はそれほど複雑ではありません。 プロバイダー契約の解除、新規契約などの作業は伴うとしても、そこには工事やその他の機器の返却などは一切関係してきません。


現在どの会社とプロバイダー契約を結んでいるとしても、いまの回線をそのまま継続して利用することができて、しかも開通工事なども必要なく乗り換えることができるのです。


しかも、一時期インターネットを使用することができなくなる環境に置かれるということはありません。 乗り換えることによって不便な時期を経験することはないのです。 注意したい点として、いまの光回線の契約を解除しないようにしましょう。


今回見直すのはあくまでもプロバイダー契約であって、回線を使用することができなければプロバイダー契約をしていても意味がないからです。


まずは現在の状況を見直してみて、乗り換えることによって毎月の通信費が安くなる、あるいはより快適に使用できることが明らかな場合は、積極的に乗り換えることをお勧めいたします。


このページの先頭へ