QLOOKアクセス解析
イメージ画像

光を利用する契約とプロバイダー契約は同じ?

インターネットに関して詳しいことはよくわからないけれど、とにかく便利だから頻繁に使用するという方が多いと思います。 インターネットを使用するときに気になるのが、動画などをダウンロードする際の速度かもしれませんね。


最新の技術を家庭にも導入すれば、かなり高速のインターネット利用を実現させることができるということで、光通信に興味を持ったのではないでしょうか。 以前はADSL回線を利用していたという方にとっては、光の導入は驚きだったに違いありません。


現在のところ光のサービスは、大手のNTTをはじめとしてauなど複数の会社が参入しています。 すでに光ファイバーでインターネットを楽しんでいる方にとって、次に気になってくるのが毎月の固定費かもしれませんね。 とにかく固定費の中でも通信費にあてる割合が多いので、何とかして節約したいという願いを持つのは自然なことです。


スマホや光ファイバーの契約をしている会社を一つにまとめてしまうのもよいかもしれません。 通信費用の節約についての情報を探していると必ず出てくるのが、プロバイダー乗換え設定です。 「あなたの通信費も、プロバイダーを乗り換えることで安くなりますよ」という宣伝文句が浮かび上がってくるでしょう。


でも、「少し前に光ファーバーを利用する契約を済ませたばかりだから、乗り換えるわけにはいかないでしょう」、という結論に達するかもしれません。


しかし、少し立ち止まって考えてみましょう。 あなたの場合はすでに光通信のサービスを利用しているわけですが、プロバイダーの乗り換え設定というのは、光通信のサービスを利用するために契約している会社を代えるということではないのです。


光回線を使用する契約と、インターネットに接続するためのプロバイダーとの契約をして初めてインターネットを使用することができるわけですが、もしかしたらもう一方の契約、つまりプロバイダー契約をしている会社を変更することによって通信費が安くなるかもしれません。


きっと光を利用する際には何も考えずにプロバイダーを勧められるままに選んだはずです。 今回はその部分を見直しすれば、通信費用を浮かせることができるかもしれないのです。 プロバイダー乗換設定は非常に簡単です。


サービスが気に入ったと思える会社と契約して、いまの契約を解除し、新しいプロバイダーから送られてくるIDなどを入力して再起動すればそれで終わりなのです。


もちろん、乗り換えること自体にメリットがあるわけではありません。 まずは現在利用しているサービスと、他の会社が提供しているサービスを比較検討して、そのうえで乗り換えをすることに意味があるのです。


このページの先頭へ