QLOOKアクセス解析
イメージ画像

プロバイダ乗り換え後の設定

プロバイダ乗り換え後の設定はいたって簡単です。といいますのも、すでにフレッツ光は開通してるわけですから、工事など必要なく乗り換える事ができるからです。


プロバイダ乗り換え後の設定は、パソコンにプロバイダIDを設定するだけの事です。しかも誰にでも出来る簡単な作業なので覚えておくといいですよ。


Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)を開きます。普通にインターネットを開始するわけですね。上部にファイル、編集、表示、お気に入り、ツール、ヘルプなどと書かれた所がありますが、ツールをクリックし、インターネットオプションを開いてください。


インターネットオプションが開かれたら、接続のタブをクリックします。そして、セットアップをクリックします。ここからはお使いのWindowsにより多少違いますが、XPの場合は接続ウィザードが出てきます。


指示通りに進めてください。インターネットアカウント情報の場面では、プロバイダから貰ったIDを入力します。7の場合はセットアップをクリックすると自動的に設定されていきます。その後インターネットアカウント情報ではプロバイダIDを入力して終了させます。


あとはパソコンを再起動させれば、完了となります。簡単だったですね。たぶん誰にでもわかる事なので一度挑戦してみてください。


プロバイダによっては、多少違いがあるかも知れませんが一般的な方法を紹介させていただきました。プロバイダを乗り換えたら必ずこの作業は必要です。


メールアドレスの設定ですが、プロバイダから貰ったメールアドレスならば、そのままでも大丈夫です。ただ、パソコンにも設定したいというならば、OutlookExpressの設定が必要です。


OutlookExpressの設定ですが、アカウント設定が必要です。OutlookExpressの設定は別途紹介します。これですべての設定が終了しました。


これだけわかったら、プロバイダ乗り換えもお手軽です。後は下記のサイトよりプロバイダを選ぶ事が先決となりましたね。手前味噌ですが、プロバイダ乗り換えサイトでは乗り換えに関する情報を比較してプロバイダを紹介してます。是非ご覧ください。


このページの先頭へ